軽貨物の物流加工|目的地まで無事に送り届ける為に大切な事

作業員

価値を高める

トラック

物流加工を行っている業種について

物流加工の主な内容としては包装のし直しや検品、簡単な補修や小分け容器への詰替え、またタグや値札などのラベル貼りなどがあります。 これらを物流加工を行っている業種としては、主に倉庫業でついで運輸業も参入しています。倉庫業は、もともと物を保管するだけのサービスを提供する業者でしたが、近年は他社との差別化や物流加工のニーズの高まりからほとんどの倉庫業者が物流加工に参入しています。特に、輸入品は日本に到着するまでは輸送効率を再優先にしているため、必然的に日本で店頭に並ぶ形に詰め替え作業を行う必要があり、その点で国際港近くの倉庫業者の多くが物流加工を手がけています。

商品価値を高めるためには

物流加工の種類は、その取り扱う商品によって大きく異なってきます。ニーズが高いものとしては、検品や衣料品などの検針で、これらをお店に並ぶ前にしっかりと行うことで不良品が市場に流れるのを食い止めることができます。一方で必要な量を配送先別に梱包するといったことも物流加工で行われます。近年はより高度な加工が求められるケースもあり、贈答品など複数の商品を箱詰めするセット組みや高い衛生状態が求められる食品の包装などを行っているところもあります。 これら物流加工が利用される理由は加工を自社で行うには人件費や設備などの面でコストが割高になるためです。特に物流加工で行われるものの多くは人の力で行う必要があり、また人材を管理するノウハウなども必要で自社で行うには負担が大きいため、それらをアウトソーシングできる物流加工が利用される傾向にあります。