軽貨物の物流加工|目的地まで無事に送り届ける為に大切な事

作業員

加工をして流通

ファミリー

物流加工を外注する企業が増えている

物流加工というのは、商品などの物流を流通させる過程において梱包などの加工を行うサービスのことをいいます。 商品は生産地から全国へと輸送する必要があります。 その時に検品したり宛先を書いたり、段ボールに詰めたりといった作業を行うのが物流加工です。 現在、様々な方法で物流加工のコストを減らす取り組みが行われています。 加工業務の効率化や輸送費のコストダウンなどです。 消費者の動向も変化してきており、インターネットでの通信販売などによる個人向け宅配が急増しています。 そのため貨物の小型化やトラック輸送の増加という傾向が見られます。 物流加工は機械化できない作業が多いため、工場を人件費の安い海外に移すなどの取り組みも積極的に行われています。

サービスの選び方を考える

自社内で物流加工を行うと、その分の場所代や人件費が必要になります。 物流加工を外部へ発注しアウトソーシング化することによって、コスト削減が期待できます。 こういった物流加工のサービスを行っているのは、主に専門の物流サービス業者や運輸業者になります。 こういった業者は専用の倉庫や物流センターなどを持ち、作業の手順を細分化することによって効率化を図っています。 商品の仕分けから検品作業、梱包、出荷発送までの作業を一貫して行っているのが特徴です。 物流加工のサービス業者はたくさんあるので、予算や作業内容に応じて選ぶ必要があります。 インターネットなどでそれぞれの特徴を比較したサイトやクチコミなどがあるので参考にするとよいでしょう。 業者を紹介してもらえるサービスもあります。